もはや飲まない理由がない「低用量ピル」

\90秒で注文完了/低用量ピルの購入はこちら
避妊に失敗した女性低用量ピルは妊娠したくない女性が飲むお薬という印象のある方が多いと思います。

それもそのはず。日本人のピル普及率は非常に低く、実際に使用している人の割合はわずか4%程度なのです。

この数字はどれだけ低いのかというと、ピルの普及率はイギリス約30%、フランス約40%、ドイツ約50%と海外の女性の約半数が低用量ピルを服用しているのです。

低用量ピルを服用したことがない女性からすると「ピルを飲むのは怖い…」と思ってしまうかもしれませんが、このように海外では低用量ピルを服用する女性がたくさんいるということは、安全なお薬という証拠!

しかも、低用量ピルは避妊だけではなく、女性に嬉しい効果がたくさんあるのでぜひとも使っていただきたいです。

ここで低用量ピルについて学び、あなたも快適な低用量ピルライフを送ってみませんか?

  1. 男性任せの避妊から女性主導の避妊へ
  2. 低用量ピルのメリット!飲むとこんなに嬉しい効果が・・・
    1. 確実に避妊ができる
    2. 辛い生理トラブルが軽減される
    3. 生理のストレスが軽減される
    4. 生理日をコントロールできる
    5. 大人ニキビや体毛の悩みに効果的
    6. 病気予防に効果的
  3. 低用量ピルはどこで手に入る?〈通販をおすすめする理由〉
    1. 24時間365日いつでも注文可能
    2. 通販なら保険適用外の低用量ピルもお得
    3. 通販なら一度にまとめて注文しやすい
  4. 低用量ピルを通販で買うのは危険?
    1. 通販と偽物
    2. 低用量ピルのメーカー
  5. 安全に通販を利用するために
    1. 安全な通販サイトの特徴①通販サイトの運営会社情報が明記されている
    2. 安全な通販サイトの特徴②問い合わせ先が明記されている
    3. 安全な通販サイトの特徴③運営歴が長く、口コミ数も豊富
    4. 安全な通販サイトの特徴④クレジットカードでの支払いが可能
  6. 通販で買った低用量ピルは正しく使おう
    1. 21錠入りの低用量ピルの飲み方
    2. 28錠入りの低用量ピルの飲み方
    3. 低用量ピルは飲み忘れたらどうなるの?
      1. いつも飲んでいる時間から24時間以内に気づいた場合
      2. いつも飲んでいる時間から24時間が経過してしまっていた場合
      3. 2日以上連続で飲み忘れてしまった場合
      4. プラセボ錠を飲み忘れた場合
    4. 飲み忘れないために
  7. 通販の低用量ピルは安心安全!でも副作用はないの?
  8. 低用量ピルで妊娠?服用しても避妊失敗する理由とは
  9. 通販の低用量ピルは病院と比べて〇〇円安い!〈お得に買うコツ〉
    1. 通販でお得に低用量ピルを買うコツ
      1. まとめ買い割引を利用する
      2. ポイント還元率が良い通販サイトを選ぶ
      3. キャンペーン情報をまめにチェックする
  10. 通販で買える人気低用量ピル〈自分に合うピルがわかる〉
    1. 大人ニキビに悩む方は「マーベロン」
    2. 副作用が心配な方は「トリキュラー」
    3. 月経困難症で悩む方は「ヤーズ」
    4. 血栓症が心配な方は「セラゼッタ」
  11. (通販)低用量ピルを愛用している女性の口コミ
    1. Sさん(22歳)低用量ピル歴:4年
    2. Hさん(30歳)低用量ピル歴:6ヶ月
    3. Kさん(28歳)低用量ピル歴:5年
  12. まとめ

男性任せの避妊から女性主導の避妊へ

薬のイメージセックスをしたことのある女性であれば、何度か「ヒヤッ」とした経験があることでしょう。

しかし、ヒヤッとしても妊娠したかどうかはすぐには判断できませんし、万が一妊娠していたら「産む」か「中絶手術」のどちらかを選択しなければなりません。どちらにしても人生を大きく変えることになるので覚悟が必要です。

現在、日本で使用されている避妊方法は大多数がコンドームです。コンドームも正しく使えばほぼ100%で避妊成功しますが、男性に使用を拒否されてしまえば意味がありません。

もちろん、毎回きちんと使用してくれる男性もいるかとは思いますが、そうでない男性もいることは確かです。そのため、まだ妊娠したくないと思っている女性は、男性に任せず自分で避妊をすることが大切です。

低用量ピルは女性が自ら行える避妊方法の一つです。正しく使えばコンドームよりも高い確率で避妊成功します。

どうして低用量ピルを服用すると避妊できるのかというと、低用量ピルには排卵を抑制・精子を侵入しにくくさせる・受精卵の着床しにくくさせる作用があります。

これら3つの作用が互いに妊娠を防ぎ、高い避妊効果を発揮します。

また、低用量ピルは避妊以外にも嬉しい効果が期待できるお薬です。

次の項目では低用量ピルを服用するメリットについてまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

低用量ピルのメリット!飲むとこんなに嬉しい効果が・・・

日本の低用量ピル普及率は低く、自分の周りで実際に低用量ピルを飲んでいる女性も多くないことから「低用量ピルの良さ」を知らない女性がたくさんいます。

そこで!こちらで低用量ピルを飲むとどんなメリットがあるのかお伝えしていきたいと思います。

確実に避妊ができる

低用量ピルの避妊成功率は、なんと99.7%!この数字はコンドーム使用時よりも高く、確実な避妊が可能となります。毎日服用していれば妊娠することはありませんので、たとえ男性が避妊してくれなくてもヒヤッとすることはありません。

辛い生理トラブルが軽減される

生理前に現れる辛いPMS(月経前症候群)症状や生理中の生理痛…。これらの生理トラブルは約8割の女性が感じているようです。

症状には個人差があるものの、ひどい方は会社や学校へ行けないなど日常生活に支障が出てしまうほど。ただ、低用量ピルを服用することでこれらの症状が抑えられます

生理のストレスが軽減される

生理になってしまうとつらい症状が現れるだけでなく、下着や服を汚してしまわないかという不安や毎回ナプキンを交換する手間があり、ストレスを感じます。

ですが、低用量ピルを服用していると経血量が減りますので、生理期間自体が短くなります。ストレスを感じる期間が短くなれば、快適に過ごせる日が増えて毎日ハッピーです。

生理日をコントロールできる

生理不順の方でも、低用量ピルを飲み始めるときっちり28日周期で生理になります。

いつ生理が始まるかが分かれば予定も立てやすくなります。また、服用するタイミング(期間)を変えることで生理を早めたり遅くしたりと自由にコントロールできるので、大切な日が生理でテンション下がる…なんてことにはなりません。

大人ニキビや体毛の悩みに効果的

大人になってからできるニキビは男性ホルモンが大きく関係していると言われています。過剰な皮脂分泌が起こることで毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、ニキビを発生させます。

ですが、低用量ピルを服用すると男性ホルモンの働きを抑制してくれるので、大人ニキビや顔のテカリなんかにも効果的です。

また、体毛が濃いという方も男性ホルモンが抑制されることで体毛が薄くなります

病気予防に効果的

低用量ピルは不妊症や生理痛の原因となる子宮内膜症に有効で、実際治療にも使われています。

また、低用量ピルには子宮内膜症以外にも、子宮体がん、卵巣がん、大腸がんの予防にも効果があるということがわかっています。

低用量ピルはどこで手に入る?〈通販をおすすめする理由〉

通販を利用する女性低用量ピルを飲んで避妊したいとなれば、どこへ行けば良いのか?

思い当たる場所といえば、薬局・ドラッグストア、病院、通販が挙げられますが、この中で低用量ピルを扱っているのは「病院」と「通販」です。

ただ、通販の場合は楽天やAmazonではなく、個人輸入の通販となります。

病院と通販、どちらでもお好きな方法をお選びいただけますが、オススメは通販です。

理由は以下のとおりです。

24時間365日いつでも注文可能

通販はスマホもしくはパソコンから注文できます。

病院へ行く場合には診察日・時間に合わせなければいけませんが、通販であればどこにいてもいつでも注文できますので、煩わしさを感じることはないでしょう。注文方法も一般的な通販と手順は同じで簡単です。

通販なら保険適用外の低用量ピルもお得

避妊のために病院で低用量ピルを処方してもらいたい…。もちろん、処方してもらうことは可能です。ですが、残念ながら保険は適用されません。

保険が適用されるのは子宮内膜症か月経困難症の治療の場合だけなので、毎回処方してもらうのに大きな出費になってしまいます。

通販の場合には避妊やニキビ改善のための服用であってもお安く購入できます

通販なら一度にまとめて注文しやすい

保険適用外の低用量ピルは6シートまで処方してもらえるケースが多いですが、1シートあたり2,000円ほどかかるため、まとめて処方してもらいにくいです。

ですが、通販なら1シートあたり1,500円前後で購入できるのでまとめ買いしやすいです。

ストックしておけば注文頻度が少なって手間がかかりません。

低用量ピルを通販で買うのは危険?

通販で手軽にお得に低用量ピルを買えるといっても、海外医薬品を輸入するとなれば不安…。

最近では海外のコスメや洋服も同じように通販で買えるようになっているので、実際に利用したことのある方もいるかと思いますが、そうでない女性からすると気になることがたくさんあるハズなので「通販は本当に安全なのか?」ということについてまとめてみました。

通販と偽物

ネットで売られている薬は偽物が多い」という話を聞いたことがある方もいると思いますが、それは事実です。届いた商品が偽物だった場合、当然正規品と同じように有効成分は含まれていませんので効果も低いですし、逆に健康被害に遭ってしまう恐れがあります。

ただ、これは悪質な通販サイを利用してしまった場合

正規品だけを取り扱う安全な通販サイトを利用すれば、偽物が届くなんてことはありませんし、毎回スムーズに取引できます。

低用量ピルのメーカー

日本で処方してくれる低用量ピルは安心して飲めるけど、海外の低用量ピルはちょっと…。でも、安心してください。日本で処方されている低用量ピルと通販の低用量ピルは同じ医薬品メーカーの商品です。日本未発売のジェネリック医薬品であっても、その大半は世界的有名な医薬品メーカーから販売されています

また、パッケージは日本向けではないので不安に感じるかもしれませんが、中身は日本で処方されているものと変わりませんので安心してお使いいただけます。

安全に通販を利用するために

通販を利用する女性上記でお伝えしました通り、ネット上で流通している低用量ピルはすべて安全な正規品とは限りません。そのため、「通販で買うのはやめよう…」と思ってしまうかもしれませんが、きちんと安全に利用できる通販サイトから購入すれば問題ありません

ただ、これから初めて通販で低用量ピルを買おうとしている場合には、どんな通販サイトを選べば安心できるのか?判断できないと思いますので、こちらで安全性の高い通販サイトの特徴をまとめています。

通販サイト選びをする際の参考にしていただければと思います。

安全な通販サイトの特徴①通販サイトの運営会社情報が明記されている

通販サイトは運営する上で消費者が不利にならないように会社情報を公開する必要があります。会社情報さえ明記されていれば、何かあった場合でも責任を追求することができます。

通販サイトの運営責任者、所在地、連絡先などの情報は、通販サイトの特定商取引法や会社概要などのページに記載されていますので利用前に必ず確認しましょう。

安全な通販サイトの特徴②問い合わせ先が明記されている

通販で商品を購入する時にわからないことがあった場合や届いた商品に誤りがあるといった場合、問い合わせをすれば対応してもらえます

多くの通販サイトでは問い合わせ窓口が設置されており、問い合わせ専用のメールアドレスや電話番号が記載されています。

メールでの問い合わせも良いですが、電話できればよりスムーズに問い合わせできます。また、実際に問い合わせてみて、通販サイトの対応の早さや丁寧さからでも信頼度が判断できます。

安全な通販サイトの特徴③運営歴が長く、口コミ数も豊富

運営歴は〇〇年以上なら安心!とは一概に言えませんが、運営歴は短いよりも長いほうが実績はあるので安心です。

また、口コミ投稿数の多さも同じことが言えます。口コミは購入者の書き込みとなりますので、口コミが多いとそれだけ利用者が多いということです。

必ずしも運営歴と口コミ数で通販サイトの良し悪しが100%判断できるわけではありませんが、一つの目安になりますので確認しておくと良いでしょう。

安全な通販サイトの特徴④クレジットカードでの支払いが可能

クレジットカードで支払いができれば便利なだけでなく、信憑性も高まります。

というのも、クレジットカードが使えるということはクレジットカード会社の厳しい審査を通過していることとなります。クレジットカード会社が信頼している通販サイトであれば利用者も安心して通販できます。

通販で買った低用量ピルは正しく使おう

薬を飲んでいる女性低用量ピルを飲み始めると望まない妊娠を避けることができるだけでなく、生理に関するトラブルを軽減できたり肌荒れを改善できたりと様々なメリットがあります。

ですが、いくら素晴らしい低用量ピルでも飲み方を間違っていると十分な効果は得られません

また、低用量ピルは多くのメーカーから販売されており、それぞれで特徴は違います。

ただ、基本的な飲み方はどれも変わりませんので、こちらで基本的な低用量ピルの飲み方を紹介しておきます。

21錠入りの低用量ピルの飲み方

21錠タイプの低用量ピルは「〇〇(商品名)21」と記載されています。

※21錠タイプしか販売されていない商品に関しては数字の記載はありません。

服用するタイミング:生理初日(出血があってから24時間以内であればOK)

服用時間:何時でもOKですが、毎日飲む時間は同じにする(成分の血中濃度が一定になる)

服用方法:1日1錠を水と一緒に服用。21日間連続で服用したら7日間の休薬期間を設け、その後は新しいシートから再度服用を開始する

28錠入りの低用量ピルの飲み方

28錠タイプの低用量ピルは「〇〇(商品名)28」と記載されています。

※28錠タイプしか販売されていない商品に関しては数字の記載はありません。

内容は有効成分の女性ホルモンが配合されたものが21錠、偽錠(プラセボ錠)が7錠になります。

服用するタイミング:生理初日(出血があってから24時間以内であればOK)

服用時間:何時でもOKですが、毎日飲む時間は同じにする(成分の血中濃度が一定になる)

服用方法:1日1錠を水と一緒に服用。28日間連続で服用したら7日間の休薬期間を設けず、続けて新しいシートから服用開始する

21錠タイプと28錠タイプの低用量ピルは、値段も効果も変わりません

ただ、プラセボ錠があるかないかだけの違いとなりますので、基本的にどちらを購入していただいても結構です。

ただ、休薬期間を間違えそうという方は28錠入りの低用量ピルをおすすめします。

低用量ピルは飲み忘れたらどうなるの?

どんな低用量ピルでも毎日の服用が基本となりますので、飲み忘れが生じると効果が下がってしまいます

ただ、人間ですから忘れてしまうことも当然あるでしょう…。そこで、飲み忘れた場合の対処方法をご紹介しておきます。

いつも飲んでいる時間から24時間以内に気づいた場合

すぐに服用すればOKです。

効果も継続されていますので、次の服用はいつも通りに行なってください

いつも飲んでいる時間から24時間が経過してしまっていた場合

飲み忘れた分と本来服用する分を2錠まとめて服用してください。

2日以上連続で飲み忘れてしまった場合

低用量ピルの効果は消失しているので服用は中断して、次の生理が始まるときに新しいシートから服用を開始してください。

また、服用を中断している間は避妊効果がなくなるので別の避妊方法を利用してください。

プラセボ錠を飲み忘れた場合

プラセボ錠は有効成分が配合されていない錠剤なので、飲み忘れたとしても問題ありません

飲み忘れないために

低用量ピルは毎日継続服用することで高い避妊効果が得られます。この効果を持続させるためにも「飲み忘れない」ことが重要です。

飲み忘れを防ぐ方法としては

・毎日決まった時刻にアラームをセットする

・服用後はカレンダーにチェックを入れるようにする

・洗面台や化粧台などの目に見える場所に保管する

といったことが挙げられます。

毎日飲んでいると習慣化してきますので忘れないようになりますが、しばらくの間は忘れがちになりますので、飲み忘れないように気をつけましょう。

通販の低用量ピルは安心安全!でも副作用はないの?

通販を利用する女性低用量ピルは「低用量」と言われるほどなので体に与える影響は少ないので、副作用もさほどありません。それでも副作用はゼロではありませんので、低用量ピルを通販する前に副作用について知っておきましょう

低用量ピルの種類や服用する人との相性によって現れる副作用は違ってきますが、低用量ピルで現れやすい副作用は「マイナートラブル」に似た症状です。

マイナートラブルとは妊娠初期に生じる症状で、吐き気、頭痛、乳房の張り、不正出血(軽度)などが挙げられます。これらの症状は女性ホルモンバランスが整う過程で生じるため、服用2~3ヶ月には治まる傾向があります。

また、低用量ピルには重大な副作用が生じる可能性もあります。

その重大な副作用とは血栓症で、血液の塊ができて血液の流れを悪くする病気です。血栓症のリスクは低いですが、年齢や喫煙によってリスクが高まります。

35歳以上で1日に15本以上のタバコを吸う女性は血栓症を起こしやすいので注意して服用しなければなりません。

もしも、服用していてふくらはぎに痛みを感じる、息苦しさを感じるというように体に異変を感じた場合には直ちに服用を中止して病院へ行きましょう。

低用量ピルで副作用が現れるかどうかは実際に服用してみなければ分かりませんが、初めて低用量ピルを飲んだ約15%の女性に現れるようです。

ただ、副作用は飲み方次第で抑えられますので、辛い思いをしながら低用量ピルを飲まなければいけないなんてことにはなりません。

副作用を抑えるコツとしては、飲むタイミングを「食後に服用すること」です。

胃の中に食べ物が入っている状態で服用すれば胃が荒れにくくなり、副作用が軽減されます。

また、それでも吐き気がひどい場合には酔い止め薬、頭痛がする場合には頭痛薬を併用すれば楽になります

低用量ピルで妊娠?服用しても避妊失敗する理由とは

低用量ピルは正しく服用すればほぼ100%避妊に成功します。

しかし、100%避妊できると言い切れるわけではなく、約0.3%の確率で妊娠してしまいます。

低用量ピルを服用したのに妊娠…ということは考えにくいですが、低用量ピルの副作用で嘔吐や下痢を繰り返している方は注意が必要です。

というのも、嘔吐や下痢を起こすと低用量ピルの有効成分が十分に吸収されないまま体外へ出てしまっている可能性があるからです。

また、低用量ピルの他に服用している薬やサプリメントがある方も避妊率を下げる恐れがあるので注意が必要です。併用を避けたいものは、様々な用途に用いられる抗生物質やハーブの一種であるセイヨウオトギリソウ。これらには有効成分の吸収を阻害する作用があるので気をつけましょう。

あとは、お分かりのように飲み忘れや飲む順番を間違えるだけでも低用量ピルの効果は激減します。通販で低用量ピルを買う場合には自分で用法用量を調べておかなければならないので、しっかりと情報収集をして避妊に失敗しないようにしましょう。

通販の低用量ピルは病院と比べて〇〇円安い!〈お得に買うコツ〉

病院で低用量ピルを処方してもらう場合と通販で低用量ピルを買う場合、一体どちらがお得なのか?

低用量ピルの種類や使用する目的によってどちらがお得か変わってきますが、基本的には「通販」がお得です。

もしも、病院で月経困難症・子宮内膜症で低用量ピルを処方してもらう場合、保険は適用されますので1シートあたり1,000円前後で低用量ピルを購入できます。これだけ聞くと非常にお得感がありますが、薬代だけではなく診察料がかかります。そのため、1シート(1ヶ月分)処方してもらうだけでもトータルで2,000~3,000円ほど必要になってしまうことに。

また、保険適用外の低用量ピルを処方してもらう場合には、1シート2,500円前後に診察料が加算されますのでトータルで6,000円近くかかります。

保険適用外の場合には各病院によって料金設定が違いますが、それでも高額な費用が必要となります。

一方、通販の場合には健康保険関係なしに料金は一律です。

1シートあたり1,500円前後で購入できるものが多く、送料を含めても2,500円ほどで購入できるので病院よりもお得です。

通販を利用するだけで、病院利用時よりも1,000円はお得になります。

1回の購入だけであれば差額は小さいものの、低用量ピルは継続服用するお薬なので飲むほど差額は大きくなってきます。

今まで病院で処方してもらっていたという方も今回から通販に切り替えてみませんか?

通販でお得に低用量ピルを買うコツ

病院でなく通販を選ぶだけでも低用量ピルをお得に購入できますが、さらに通販をお得にするコツもあります。

せっかく通販を利用するのであれば、ぜひとも覚えておきましょう。

まとめ買い割引を利用する

通販サイトによって商品数や特徴は違いますが、ほとんどの通販サイトでは「まとめ買い割」をしています。同じ商品を複数注文すると1箱あたりの単価が安くなりますので、1シート辺り1,500円前後の低用量ピルが1,000円以下で買えることも。

低用量ピルは長く使うものですし、安くなると考えればまとめ買いしておくべきでしょう。

ポイント還元率が良い通販サイトを選ぶ

通販は、購入金額に応じて通販サイトで使用できるポイントが付与される仕組みとなっています。

付与されたポイントは1P=1円として使用できるケースが多いです。

購入金額が大きいほどポイント還元率も高くなりますが、同じ金額でも通販サイトによって付与されるポイントは違います。

ポイントは貯まるほどお得に買い物できるようになるので、少しでもポイント還元率の良い通販サイトを選びましょう。

キャンペーン情報をまめにチェックする

多くの通販サイトではキャンペーンを行なっています。商品が安くなったり通販ポイントをもらえたりと内容は様々ですが、通常よりもお得になるのでキャンペーン情報はまめにチェックしておきましょう。

また、キャンペーン情報は都度サイトから確認しても良いですが、メルマガ会員に登録するとキャンペーンの予告メールやメルマガ会員限定のキャンペーンなども届くのでおすすめです。

通販で買える人気低用量ピル〈自分に合うピルがわかる〉

一口に低用量ピルといってもその種類は様々です。いずれも女性ホルモンのお薬ですが、配合されている女性ホルモンも違えば配合量も違ってきます。

そのため、低用量ピルを購入する際には「何を求めるか?」に合わせて、低用量ピルを選びましょう。

ここでは、あなたが求める低用量ピル探しをお手伝いします。

大人ニキビに悩む方は「マーベロン」

第3世代の低用量ピルに分類されるマーベロンは、男性化症状(アンドロゲン作用)を抑える成分が含まれており、大人ニキビの発生を抑えます。

避妊やPMS症状の軽減などにも有効ですが、特にニキビで悩んでいる女性におすすめです。

副作用が心配な方は「トリキュラー」

第2世代の低用量ピルに分類されるトリキュラーは、体内のホルモン周期の変動に合わせて3段階のホルモン量になっている低用量ピルです。

服用時には順番を守らなければなりませんが、自然なホルモンバランスに近いので不正出血を始めとする副作用が起こりにくい傾向があります。

月経困難症で悩む方は「ヤーズ」

第4世代の低用量ピルに分類されるヤーズは、月経困難症治療に有効な低用量ピルです。

従来の低用量ピルよりも卵胞ホルモンの配合量が少なく、ホルモンの変動が少ないので副作用が起こりにくいです。

病院でも月経困難症治療薬として処方されているため、安心して使用できます。

血栓症が心配な方は「セラゼッタ」

第3世代の低用量ピルに分類されるセラゼッタは黄体ホルモンのみ配合されており、ミニピルとも呼ばれています。

卵胞ホルモンが配合されていないのでエストロゲン作用がなく、喫煙者・乳がん・子宮がんの方でも使用できます

また、低用量ピルによる血栓症が心配な女性にもおすすめです。

今回こちらで紹介した低用量ピルは一部です。

通販では他にも日本未発売の低用量ピルもたくさん取り扱っていますので、必ず自分と相性の良い低用量ピルが見つかるはずです。

(通販)低用量ピルを愛用している女性の口コミ

薬のイメージ低用量ピルを飲み続けている女性は、飲むメリットがあるから続けています。

こちらでは低用量ピルを飲むメリットや飲み方について詳しく紹介してきましたが、低用量ピルを飲んだことのない女性は本当の良さを知らないので、今回は日頃から低用量ピルを愛用している女性の口コミを紹介します。

Sさん(22歳)低用量ピル歴:4年

当時はピルの存在を知らなかったので、中学高校と生理痛がひどすぎて学校を休むこともありました。

でも、病院に行ったら「もっと早く来たらこんなにつらい思いをしなくてよかったのに」と言われ、ヤーズを初めて処方してもらいました。

ヤーズを飲み始めると本当にあんなに痛かった生理痛が嘘のようになくなり、今では欠かせない存在となりました。私の場合はどっちで買ってもそんなに値段は変わらないので病院が優先かなって感じですが、時々病院に行けないときもあるので通販で買ったヤーズをストックしてます。違いは全く無いです。

Hさん(30歳)低用量ピル歴:6ヶ月

何をしてもにきびが良くならず、皮膚科で処方された薬を飲んだり塗ったりしても改善されなかったため、試しにマーベロンを通販で購入しました。

ピルは初体験ですが、とくに気になるような副作用が出ることなく、小さなものは1ヶ月しない間に治ってきました。まだ、完全ににきびができなくなったわけではありませんが、日に日に良くなっている気がするのでこれからも使っていきたいです。

Kさん(28歳)低用量ピル歴:5年

かれこれ5年になりますが、体に不調もないので3年近くは通販で買ってます。

今まで何種類か試しましたが、今はトリキュラーに落ち着いてます。通販でしたら1箱1200円くらいで売ってますし、わざわざ病院に行かなくてもいいのですごく助かります。

低用量ピルを飲むようになって、確実に生理痛も出血量も減ったので、生理で嫌な思いをしている女性にはすごくおすすめです!ぜひとも早く飲んでほしいです!

まとめ

低用量ピルを飲むことによって確実な避妊、肌荒れ改善、生理痛軽減…など多くの悩みを手軽に改善できます。

毎日忘れず飲むことさえ守れば低用量ピルの効果を最大限に引き出せますので、ぜひともこのサイトに出会ったことをきっかけに低用量ピルライフを送っていただきたいです。

通販であれば経済的な負担も少ないですし、通院せずに低用量ピルを購入できるので、今まで購入できない事情があった方でも購入しやすいんじゃないかな~と思います。

低用量ピルの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました