不眠は自然に治らない?改善方法とは

不眠のイラスト

不眠症は、自然に治るだろうと放置してはいけません。
なぜなら、不眠を招く要因は一つではないからです。生活習慣やストレス、神経質な性格など、さまざまな理由で眠りにくくなってしまいます。

適切な対策を取らなければ不眠症状が続き、日常生活に悪影響をもたらしてしまうかもしれません。

ここでは、不眠症の改善に役立つ治療方法を紹介していきます。

▶お薬を使わずに治すなら
「薬に頼らず治したい!」という場合、睡眠衛生教育、高照度光療法という選択肢があります。

<睡眠衛生教育>
睡眠衛生教育とは、質の良い睡眠を得るために生活習慣を見直して正していく方法です。不眠を招く生活習慣には、寝酒、寝る前の喫煙、昼夜逆転、寝室の環境、などがあります。

特に寝る前の行動や寝室の環境は、睡眠の質と大きく関係しているのです。これらを見直して、眠りにふさわしい行動や環境へと変えていくのがよりよい睡眠へと繋がります。

<高照度光療法>
高照度光療法では、睡眠時間を整えるために高照度を身体に照射します。

朝日を浴びないと体内時計が崩れ、夜の寝つきが悪くなります。光を浴びる行為は身体にとって、「朝がきた!」という合図になり夜しっかりと眠くなるのです。

▶睡眠薬に頼ってもいい
生活習慣を改善したり体内リズムを整えたりするのも重要ですが、体内のリズム整えるのは時間がかかってしまいます。

すぐにでも眠れるようになりたいなら、睡眠薬を飲むのが手っ取り早い手段です。睡眠薬を服用すれば、その日のうちに快眠できます。

また海外通販で睡眠薬を買えば、通院の必要も無くて手軽。さらに、海外通販では睡眠薬・ルネスタのジェネリック薬・ハイプナイトが購入できます。

ルネスタは、病院処方でも取り扱われている睡眠薬。ハイプナイトなら、先発薬と同じ有効成分を含んでいるので有効性が高いのです。服用すると、スムーズな入眠へとサポートしてくれます。

<まとめ>

眠れるように体質改善したいなら、睡眠衛生教育や高照度光療法が適しています。「時間をかけずにさっさと眠りたい」なら、睡眠薬・ハイプナイトを選びましょう。